歯の治療について

歯の治療について

これまで日本の歯科治療は、1本単位の歯だけを見て治療をスタートしがちでした。しかし、トラブルの原因は別の場所にあることが多いものです。「木を見て森を見ず」では、適切な治療を行うことができないケースも少なくありません。そこで重要なポイントとなるのが「検査」です。


  • 例えば・・・

    「家の柱が折れた」

    歯科の治療も同じように、悪い部分だけではなく、      お口全体を検査して原因を知ることが大切です。

    長い目で口腔内環境を整えたいのであれば、きちんと検査を行うことをおすすめします。
    それが治療を繰り返さないための最短治療であると考えています。

虫歯治療

イラスト:虫歯治療

虫歯治療は、虫歯の進行状況によって治療法方が異なります。

虫歯は自然に治ることはありません。

痛くなった時には、虫歯がかなり進行してしまい、神経を抜かなければならなくなってしまうこともありますので、できるだけ早めに治療を行いましょう。

当院では、なるべく歯を削らずに治療を行う精密治療も行なっております。

詳しくは、精密治療の項目に記載しております。

根幹治療

 イラスト:根幹治療

根管治療とは、歯の神経にまで、虫歯が広がったときに行う治療です。

歯の根は、肉眼では確認しづらい場所ですので、どうしても治療の回数がかかりやすくなります。

しかしながら、歯を長期的に守っていく上では大切な治療になります。

根管とは、家で例えると基礎となる柱と同じです。

目に見えないところもしっかり治療が必要です。



小児歯科

写真:家族のイメージ

地域の歯医者として、お子様には歯医者は怖い場所だと   トラウマを持たせないことを第一に考えています。
小さい頃から歯医者に慣れ、馴染んで、できれば好きな場所になってほしいと思っています。
お子様が治療に慣れないうちは、基本的には無理に治療はしません。
まずは治療に使う器具を見せたり、ミラーで口の中を写して「ここに虫歯さんがいるから、治そうね」などと声かけをしたりします。
そうやって本人の意志で治療台に座れるようになったら治療に入ります。
お子様の歯の治療は、保護者様の協力なしにはできません。
そのため、まずは保護者様への説明を丁寧に行います。お子様のお口の中の状況を見ていただき、治療方針を確認していただきます。
また、虫歯を繰り返すお子様の場合には、お口の環境をよくするための生活習慣やブラッシングなど、ご自宅での歯のお手入れ方法をご指導することもあります。
虫歯だらけでお口の状況が悪かったお子様も、保護者様とのブラッシングのご指導や歯の治療とその後の定期的なクリーニングなどのメンテナンスを根気強く続け、虫歯が治りその後の口内環境がとても良好になった例もあります。

  1. お子様と保護者様と歯科医院とで協力して、お子様の歯とお口の健康を守っていきたいと考えています。